ポモロードタイマー(テクニック)で生産性をアップ!

other

作業効率をアップするためなにかいい方法がないかな〜
という方にご提案。
ポモロードテクニックっていうのがあるらしい。

ポモロードテクニックとは?

ポモドーロ・テクニックは、1980年代にイタリア人のフランチェスコ・シリロによって考案された時間管理術です1。このテクニックは、25分間の作業セッションと5分間の休憩を交互に繰り返すことで、集中力を維持しながら生産性を上げる効果があります2

具体的な手順は以下の通りです2

  1. 今日達成したいタスクを優先度順にリストアップする
  2. 作業を進めたいタスクを1つ選び、25分間のポモドーロを開始する
  3. 作業セッション完了後、達成できたことを確認し、チェックマークを付ける
  4. 5分間の休憩を取る
  5. 手順2~4を繰り返し、ポモドーロをあと3回行う
  6. 計4回ポモドーロを行ったら、15~30分間の休憩を取る

このテクニックを実践するためには、物理的なタイマーやデジタルタイマー、専用のポモドーロタイマー、またはスマートフォンのアプリなどが利用できます2。また、市場には様々なポモドーロタイマーが販売されています3。これらのタイマーを使用して、ポモドーロ・テクニックを試してみてはいかがでしょうか。生産性の向上だけでなく、作業を分割し1つずつ処理していけるため、精神的な疲れも減らせます2。このテクニックは、ビジネスシーンだけでなく、勉強などに集中したいときにも活用できます2

↑Bing調べ。

ポモロードテクニックの起源

ポモドーロ・テクニックは、1980年代にイタリアのフランチェスコ・シリロによって考案されました1234。当時大学生だったシリロは、時間管理と生産性の問題に悩んでいました。彼は「まずは10分間集中的に勉強できるか」と自分に問いかけ、その結果がこのテクニックの誕生のきっかけとなりました1

シリロが勉強時間を測るために使ったのが、トマトの形をしたキッチンタイマーでした。そのため、このテクニックは「ポモドーロ・テクニック」と名付けられました(イタリア語でトマトは「ポモドーロ」です)1234

その後、何度も試行錯誤や微調整を重ね、完成したのが「作業時間は25分」というポモドーロ・テクニックです1。このテクニックは、25分間の作業と5分間の休憩を繰り返すことで、集中力を保つ方法として広く知られています1234。この方法は、ビジネスシーンだけでなく、勉強などに集中したいときにも活用できます1。.

↑Bing調べ。

その他作業効率をアップさせる方法

作業効率を上げるためには、以下のような方法があります:

  1. 業務の全体像とゴールを明確にする1:業務の目的を理解し、目標を設定することが重要です。これにより、どの作業にどれくらいの時間とリソースを割くべきかが明確になります2
  2. 計画立案とタスクの優先順位決めをする1:計画を立て、タスクの優先順位を決めることで、効率的に作業を進めることができます2
  3. 作業に集中できる職場環境作りを徹底する1:作業環境が整っていれば、作業に集中しやすくなります。これには、物理的な環境だけでなく、チームのコミュニケーションやワークフローも含まれます2
  4. 毎日インプットやアウトプットをする習慣をつける1:新しい知識を得るためのインプットと、それを活用するためのアウトプットを毎日行うことで、スキルを磨き、作業効率を上げることができます2
  5. ムダな作業を省いて業務のやり方を見直す1:業務の流れを見直し、無駄な作業を省くことで、より効率的に作業を進めることができます2

また、以下のような方法も効果的です:

  • 作業時間を区切る3:一定の時間を設けて集中して作業を行い、その後は休憩を取るという方法です。これにより、集中力を維持しながら効率的に作業を進めることができます。
  • マルチタスクを避ける3:一度に複数の作業を行うと、それぞれの作業に集中できず、結果的に全体の作業効率が下がることがあります。一つの作業に集中することで、効率を上げることができます。
  • 休憩のタイミングを変更する3:休憩のタイミングを工夫することで、作業効率を上げることができます。例えば、作業の途中で疲れを感じたときや、作業の切り替え時に休憩を取ると良いでしょう。

↑Bing調べ

これらの方法を試してみて、自分に最も合った作業効率アップの方法を見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました